ネット上の気になる情報を探してまとめて

ネットブル

子供の発熱には水分補給が重要です!水分補給のポイント

      2016/12/19

子供の発熱には水分補給が重要です!水分補給のポイント

子供が急な発熱、というのはよくあることですが、やはりママは心配になりますよね。

まずは、水分がこまめに摂れているかというのが重要になります。

子供は特に汗を多くかくため、水分補給に気を付け、パジャマも清潔なものに着替えさせてあげましょう。

子供の発熱時の水分補給についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

bd5e3394475de15e64f068b8fab5300c_s
再婚後は子供の面会交流でトラブルになる理由と解決策

離婚後は子供と定期的に面会していると言う方が多いと思いますが...

2aef37abeb3d88f61e173d4e2d0a74f8_s
水槽のフィルターの交換や掃除の頻度はどのくらいですればいい?

水槽のフィルターの交換はどのくらいでするものなのでしょうか?...

b86fb3f574e71b74ca82dc7d76cb7af0_s
チューリップが咲き終わったあとの球根の保存管理の仕方について

春先に可愛いらし咲くチューリップ♪花が咲き終わったあとの球根...

5aa421ff44936cfbeaea9a5e7b48c0dc_s
生姜のチューブの賞味期限は?正しい保存方法を知っていますか?

生姜のチューブの賞味期限はいったいいつまで? 使い始め...

2f689f99ffc493b2cdb1d7f868250ba3_s
旅行の予約はどのくらい前が可能?ポイントと目安をご紹介!

旅行に行く場所は決まった!あとは予約だけ!でもどのくらい前か...

プリント
名前は一生ついてまわるもの。子供の名づけで後悔しないために

子供の名前を考えるときはその子へのいろいろな願いや想いを込め...

647956
血液検査で貧血が判明!数値2の時について

血液検査をしたら数値が2と言われたなんてありませんか?数値が...

470757
また紹介してもらえる!?派遣の仕事を断る方法や断るタイミング

派遣に登録している人は複数の派遣会社に登録していることが多く...

583888
糖尿病で血糖の数値が300と言われた!体に起きている変化とは!

糖尿病と一口に言っても血糖値によって現れる症状は違うようです...

670687
【中学生】勉強しない理由…「勉強しなさい!」は逆効果

中学生のお子さんをお持ちの方の、多くの悩みは、なかなか勉強を...

669285
大学の友達と疎遠になる理由は?疎遠状態を復活させる方法!

大学の友達と今でも連絡を取り合い仲良くしている方がいる一方で...

Print
窓のサッシから入り込む虫を防ぐ方法・対策を解説!

窓にサッシがついているのに、いつの間にか室内に虫がいることっ...

87d8bd81bfa67be6197ef62a1778a82f_s
正規労働の就活?バイトから?ニートからの社会復帰の進め方

それぞれの事情があってしばらく仕事に就かず、ニート生活。 ...

296831545d919b8aef03a99e7a741b0e_s
マカオへ旅行にいくなら注意しておきたいことを調査しました!

きらびやかな眠らない都市マカオ!旅行慣れしてない人にはいろい...

f4f8373b4b309355eae4dba91347a291_s
日曜日でも病院行くべき!?インフルエンザの発症と予防法

日曜日などの病院がお休みのときに、インフルエンザかもしれない...

83f540273aba391274bd8e9cdc8493ba_s
手洗い洗濯で柔軟剤を使う時のポイントをご紹介!

今じゃ洗濯機に手洗いモードがついているくらい洗濯機が進化して...

4eb94a683992e24628fd243cbe50d77c_s
犬の散歩中にマーキング。できれば飼い主がしつけた方が好ましい

犬の散歩中によく見かけるマーキング。トイレ同様しつけできるの...

d7204f6c5a25a9bde5ae435b7c3b1ee9_s
大阪一人暮らしは手取り15万でも生活できる?を調査!

大阪で初めて一人暮らしをする方も多いと思いますが、手取り額に...

4f4bed8919d125f7ee1a7caadb4f72c4_s
主婦の何が大変?仕事している方が大変じゃない?と言われてつらい

専業主婦って何が大変なの?仕事している方が大変じゃない?と言...

47178cf7f5d4c94668ff5358e16bd893_s
台湾の温泉マナーとは?日本との違いは○○!?

日本の南に位置する台湾。実は温泉天国だって知っていましたか?...

スポンサーリンク

子供の発熱は水分補給が重要、発熱の原因は

■発熱とは・・・

一般に子供は大人より体温が高い傾向にあります。
正常でも、泣いた後、食事の後、運動の後、入浴の後、気温が高い時、水分不足などで高くなり易く、一日の中でも夕方から高くなる傾向にあります。
また耳内測定の方が高めにでる傾向にあります。
平熱には個人差がありますが、一般的には37.5度からは発熱といえるでしょう。

■発熱の原因・・・

子供の発熱の原因で最も多いのは、いわゆるバイ菌(ウイルス、細菌等)によるものです。
バイ菌が体に侵入すると発熱物質が産生され、発熱中枢を刺激して発熱するといわれています。
まれにアレルギーやストレス等が原因となる事もあります。

■発熱の意味・・・

発熱は体を守る防衛反応の一つと考えられています。
発熱による熱でバイ菌の増殖が抑えられ、感染症の増悪を防いでいると言われています。
よって、軽い風邪等の熱に対し、早くから解熱剤を使うと、解熱剤を使わなかった時より治りが遅れるという報告もあります。

■発熱時の対策・・

子供は大人より熱に強い為、原則として熱が高くても(40度位あっても)元気良く、機嫌よく、水分が十分飲めていれば様子をみるだけで結構です。
42℃以下の熱ならば、けいれんや脳炎などの合併症がない限り、熱だけで脳機能が損なわれたりする事はほとんどありません。
時々手足が冷たくなる事もありますが心配はありません。
引用元-小児の発熱について【鳥栖市のむらかみ小児科】

子供の発熱、水分補給に気を付けてまずは休養させる

【心得 其の一】基本的には子供の回復力を信じる!

熱が出るのは、ウィルスや細菌と戦うためであって、身体がわざと体温を上げているとのこと。免疫力をつけるために必要なことで、すぐに薬に頼るのはダメだそうです。

親としては子供がつらそうなのを見ると、つい薬を頼りたくもなりますが…、子供の未来を考えるなら忍耐強く見守る必要があるでしょう。

基本的には子供の回復力・自然治癒力を信じて、家でゆっくり寝かせるのが良いそうです。

【心得 其の二】熱以外の症状に注目!ひどいなら受診

子供が風邪をひいた時に、「咳・鼻水・嘔吐・発疹・下痢」など、熱以外の症状がでることがあります。うちの娘の場合は、咳と鼻水でした。。

発熱がウィルスや細菌から身を守るための防衛反応であるように、「咳・鼻水・嘔吐・発疹・下痢」などの症状も防衛反応だそうです。

こういった症状自体は悪くないのですが、子供の体力を消耗させたり、睡眠を妨害したりすることがあります。このように熱以外の症状がひどかった場合には、薬で症状を抑える必要があるので受診した方が良いそうです。

【心得 其の三】3日間高熱が続く場合は要注意!

普通の風邪が原因の高熱だった場合、3日くらいで熱が下がるそうです。それまでの間はいったん熱が下がったと思ったら、また夕方から上がってくる…なんて事はよくあるとのこと。

うちの娘も1日目40℃弱くらい、2日目38℃~39℃、3日目で平熱に…という感じでした。水分補給がしっかりと出来てれば心配する必要はないそうです。

でも、3日以上高熱が続いた場合、特殊な病気になっている可能性があるので、熱の原因を調べるためにも受診して欲しいとのことでした。
引用元-子供が40℃の高熱に!発熱の対処法は?【小児科医指導の7つの心得】

子供の発熱…たくさん汗をかくので、こまめな水分補給が大切

熱がではじめの発熱期には汗をかきますので、こまめに水分を補給し、清潔な服やパジャマに着替えさせることが大切です。

この時の基本は、

▼食欲がなければ無理に食べさせなくていい


食べ物・飲み物

◎ 水分補給はポカリスエットなどのイオン飲料、リンゴジュースを水で薄めたものでもいいでしょう。
◎ 食欲が出てくれば、ゼリー、すりおろしリンゴなどを少しずつ食べさせてみる。
◎ 吐き気や下痢をしていれば、でんぷん性の葛きりや葛湯なども食べやすいです。

Check
熱のある子供に与えないほうがいいのが、消化にわるい牛乳やココアなどの乳製品です。またイオン飲料系も結構糖分を含んでいるので、与えるときには水で薄めるなどして糖分の取りすぎには注意しておきましょう。


この時期に大事なのは、食べられなくても水分はとるようにして、脱水症状を防ぐことです。
特に熱がピーク時の稽留期は、かなり体力を消耗し食欲もない場合が多いと思います。
吐き気があるときは喉に詰まらせてしまう場合も考えられるので無理して食べ物を与えず、水分をこまめにあげましょう。
引用元-子供が熱の時の食事!食べ物と飲み物はどんなものがいいの? | ほっとニュース

水分を摂れなかったり、吐いてしまった場合は…

 水分補給は大事だとはわかっていても、飲んでくれなかったり吐いてしまったりするのはしばしばあることです。熱が上がる最中に悪寒や不機嫌が強く嘔吐しやすい場合は、少し待ったり熱を下げたりしてからあげましょう。水分は処方でもらうソリタT顆粒(乳児も可)、アクアライト(乳児も可)、スポーツドリンク、スープ(濃くないもの)などでも結構です。水分が不足していれば水分を欲しがり、糖分が不足していれば甘いものを欲しがり、塩分が不足していればスープなどを欲しがる傾向がありますので、欲しがるものを与えることは意味があります。乳児で水様下痢がない場合は、ミルクが普段の半分程度でも飲めていれば数日程度は大丈夫でしょう。泣いてもあまり涙が出てこなかったら脱水の始まり、口の中が乾燥気味ならかなり脱水が進んでいます。点滴が必要です。
引用元-小児の発熱のケアと解熱剤について

発熱時や熱中症予防に経口補水液OS-1がおススメ

下痢・嘔吐・発熱や夏場の熱中症に伴う脱水症状を防ぐための飲料水で、ただの水ではなく、糖質(ブドウ糖)が少量配合された、ある意味医療品に近いものだ。

とは言っても、ドラッグストア等で500mlのペットボトルが1本200円程度で販売されていて、そんなに高いものでもない。
引用元-乳幼児・赤ちゃんの水分補給・脱水症状対策には経口補水液OS-1がお勧めです | アナザーディメンション

1日辺りの摂取目安は以下のような感じ。

  • 学童~成人:500~1000ml/日
  • 幼児:300~600ml/日
  • 乳児(赤ちゃん):体重1kg当たり30~50ml/日

1歳半で体重12kg程度の息子だと、大体1日500mlくらいまでと判断している。

飲ませ方

哺乳瓶でも、コップでも、ストローでも飲みたいもので飲ませれば良いかと思う。

ちなみに我が家は、体調も悪いし、哺乳瓶の方が落ち着くだろうとそれであげたら、それが大ハマり。逆に哺乳瓶依存症的な感じになってしまった、、、

あと、そのままだと少し味が濃いかもと思い、180mlくらいの哺乳瓶に30~50ml程入れて、あとはお白湯と混ぜていた。

で、あげてみたらものすごい飲むんですよ。与え続けたらずっと飲むんじゃないかってくらい。

ただのお白湯だとそんなに飲まないのに、OS-1が少しでも入ったら、ものの数分で飲み干してしまう。

これで脱水症状の心配は無くなったが、逆に、

  • 水分取り過ぎでおしっこは凄く出るし
  • もっとくれって泣くし
  • 哺乳瓶依存になるし

良いことばっかりではない、、、w

ただ、これだけ美味しいのならどんな味なんだろうと気になるじゃないですか。
引用元-乳幼児・赤ちゃんの水分補給・脱水症状対策には経口補水液OS-1がお勧めです | アナザーディメンション

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ